2016年1月19日火曜日

雪の効果


 子供の頃は雪が降るとワクワクしたものですが、高校生くらいから厄介なものになってしまいました。

 写真の効果としては変化があって良いですね。

もうすぐ完成なので、内部のパーツを少しだけ載せさせていただきます。
計算では夕日が雪に反射してキレイに写るはずが、お隣様の構造工事が始まっていた事を忘れてまして、残念。



帰宅途中の風景です。丁度虹が出ていたところで最高にキレイでした。悪天候の後は空気が澄んでいるので、忙しくてもほんの5分ぐらい空や周りの景色を見た方がお得です。

唐突ですが、NHKの”真田丸”人気みたいですね~。
OPの文字は土壁に描かれていて、左官職人で有名な”挾土秀平さん”の作品です。それにならって書いてみました。
 雪、難しいですね・・・。
 おわり

2016年1月17日日曜日

仕上げに向かって進んでいます。

 キッチンからリビングの様子を見れるように開口をもうけてアイアン飾りを取り付けました。
 和室の造作です。壁は珪藻土で仕上げました。
 玄関テラスの屋根にFIX窓を取り付けました。少し奥に入ったリビングもこれで明るくなりました。

要所にステンドグラスやモザイクタイルを使うと雰囲気がずっとよくなりますね。

2016年1月15日金曜日

埼玉建築文化賞のレセプションパーティー行ってきました。


 浦和パルコ 9Fで受賞作品を展示しております。

 高崎テクノとして3作品が展示されております。
レセプションパーティーの会場は同じ浦和パルコ内の6F「ワイアードキッチン」でおこないました。
 おしゃれな感じのお店でした。他の受賞者の方々は個性的な人が多く勉強になりました。

2016年1月10日日曜日

『 H&G DESIGN. が考える未来はゼロエネルギーライフ』

昨年末からZEH(ゼロエネルギーハウス)について今回が4回目です。私達がなぜこんなにもゼロエネルギーハウスにこだわるかというとそこには未来があるからです。未来はこうなるというより未来をこうしたいと言った方が正しいかもしれません。

自動車業界では自動ブレーキが新車商用車には義務化され、一般車にもそれが広がろうとしています。誤作動問題という課題もありますがこれにより将来よそ見や不注意による事故が撲滅できたら、と考えたら素晴らしい技術ですよね。同じように各社が取り組む自動運転もこれからさらに加速する高齢化社会において、インフラが整わない地域では高齢者であってもどうしても自動車が手放せない交通事情を考えると今すぐにでも実用化してほしい技術のひとつです。そしてこれらの技術はきっと近い将来に「あたりまえ」になるでしょう。そう、ナビやETCが今は「あたりまえ」の装備になっているように。

同じようにゼロエネルギーハウスは今は耳新しい言葉かもしれませんが、近い将来新築住宅のスタンダードとして「あたりまえ」になる時代がもうそこまで来ているのです。そして環境にも、財布にも優しい(はず)のゼロエネルギー住宅が「あたりまえ」になった時、そこに住む人がどんな暮らしぶりをして、どんな街になっていくのか早くこの目で見てみたい!という好奇心があるからです。 人は必ず作った人が予想もしなかったような素晴らしい使い方、住まい方を見せてくれるもの。その世界が見たくてワクワクするのです。そして一刻も早く再生エネルギーを普及させることで環境負荷の低減とエネルギー自給率を高めて安全で安心な社会と地球の未来に貢献したいという清い志が合わさって私達のモチベーションになっています。

そんなことは大手ハウスメーカーに任せておけばいいじゃない、と思われるかもしれませんが、デザインにこだわる当社としてはゼロエネルギーハウスを普及させるという考えには賛同するものの、画一的なデザインで面白みのないただの「エネルギー代実質ゼロ円ハウス」が世の中に蔓延するのを黙って見ているわけにはいかないのです。大手にはできないデザイン、地場の小さい工務店だからこそできる住まい方の提案を、世間で「やっぱゼロエネ住宅カッコ悪っ!」という評判になるまえに世に出して「こんなにカッコいいゼロエネ住宅があったんだ!」と言われたい、というちょっとよこしまな気持ちも実はありつつ(笑)開発に取組んでいます。

2月受注開始予定。キャンペーン企画中です。
詳細は後日、ご案内させていただきます。



2016年1月5日火曜日

     明けましておめでとうございます!

 今年もたくさんの出会いと
素敵な物語の演出が出来るよう、
持ち前のデザインで皆様に
感動をご提供できるように
取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。