2015年12月12日土曜日

「政府が進める“未来の家づくり”を知っていますか?」


みなさんは2013年に見直された「次世代省エネルギー基準 ※以下、改正省エネ基準」というものをご存じでしょうか. 
今までは経過措置期間でしたが、2015年の3月をもって完全施行されることになりました。しかしまだ強制力は無いですが、2020年を目途に全ての新築住宅が「義務化」されます.


H&G DESIGNの家の仕様は改正省エネ基準前から高気密・高断熱で省エネ性能に優れ、群馬県を含む4・5・6地域区分の新基準をほぼ満たしています。今までお客様に「坪単価が高いねぇ」と言われることもありましたが、デザインだけでなく、見えないところにもこだわり、それだけ高性能だったという事で時代がやっと追いついたという思いです。
しかし私達は現状に甘んじることなくさらに一歩先を目指して、ネット・ゼロ・エネルギーハウス{(ZEH)※「ゼッチ」と読みます}”をH&G DESIGN.のテイストでおしゃれでカッコよく仕上げるプロジェクトを立ち上げました。 


すでに新聞報道などでご存知の方も多いと思いますが政府は温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境にやさしい暮らしをめざし、2020年までに新築住宅の50%をネット・ゼロ・エネルギーハウス{(ZEH)ゼッチ}にする事を目指しています。近い将来、新築住宅はZEHばかりになるかもしれません。
次回はその「ZEH(ゼッチ)は普通の家と何が違うの?」についてわかりやすくお話しします。